転勤族の妻におすすめの資格7選:ずっと仕事を続けるために!

転勤族の妻におすすめの資格7選:ずっと仕事を続けるために!

J
JobStep編集部
公開, 更新 , 資格取得

転勤族の妻は引っ越しが多く、居住地が頻繁に変わるため、なかなかキャリアを築きにくいです。ブランクもできやすく、働きたくてもなかなか仕事を見つけることができません。

しかし、働く意欲があるのに就職ができないのはもったいないもの。そこで、資格を取得することでこの問題を解決しましょう。全国どこの転勤になっても資格を取得していれば、就職先からの信頼を得られやすい上に、仕事内容が似通ったものになるので、スムーズに仕事に入ることができます。

よって、夫の転勤について行っても転勤先で働くことができるといえるでしょう。そこで今回は転勤族の妻におすすめしたい資格を紹介していきます。

国家資格である看護師、介護士などの資格は取得することが大変かもしれません。しかし医療事務や保育士などは比較的容易に取ることができます。いずれにせよ、資格を持っていれば夫が転勤族でも安心して働くことができるでしょう。

介護士

介護の仕事はきつい、賃金が安いというイメージが強いですが、実は転勤族の妻にこそおすすめしたい資格となっています。

介護の仕事はどこも人手不足なので採用されやすく、転勤族でも職探しに困ることがありません。資格を持っていれば正社員として働くことも可能です。

また、実務経験が3年以上あれば介護福祉士という国家資格も取ることができます。介護福祉士の資格が取れれば介護士よりさらに給料は上がりますし、職も探しやすいでしょう。さらに、実務経験が5年あればケアマネージャーの資格を取得することもできます。転勤で職場が変わっても実務経験は積み重なっていくので安心です。

働きながら資格を取るなら「かいご畑」

なお、働きながら介護福祉の資格を取得したいと考えている方には、大手介護専門求人サイト「かいご畑」がおすすめ。資格や経験がなくても大丈夫という求人が多く、介護資格の取得をサポートしてくれる「キャリアアップ応援制度」という制度もあります。

こちらは取得まで13万円相当の費用がかかるものを実質0円にしてくれるという非常にお得なサービスです。

気になる方は、ぜひ登録だけでもしてみてください。

かいご畑に登録する(無料)

看護師

看護師の仕事もきついイメージがあります。看護師も介護士と同じで人手不足です。転勤族の妻でも資格があれば正社員として働くことができるでしょう。

看護師は女の職場なので人間関係のいざこざで辞めてしまうという方も多いですが、転勤族の場合は長く働くことはできないので最初から割り切って付き合うことができるでしょう。そのため、看護師資格は、転勤族の妻にとっておすすめの資格となっています。

看護師資格があるなら看護師転職サイトに登録しておこう

すでに看護師資格を保持しているという方は、看護師専門の転職サイトに登録しておくと、求人にアクセスすることができます。

看護師転職サイトは目的によって使い分けるのが大切。

正職員、常勤、日勤など、しっかり働きたいという方は、そういった求人が充実している「マイナビ看護師」を利用しましょう。

マイナビ看護師に登録する(無料)逆に、子育てや介護など、家庭の事情で短時間の勤務を希望する方には、「看護のお仕事派遣」がおすすめ。

残業なし、短時間勤務OKなど、時間に融通のきかせやすい求人がそろっています。

看護のお仕事派遣に登録する(無料)

医療事務

医療事務の資格を持っていれば全国どこの医療機関でも働くことができます。医療事務の場合は、正社員としての求人は少ないです。しかし、パートやバイト、また契約社員などであれば職はたくさんあります。どこの地域にも医療機関はあるので職探しには困らないでしょう。

また医療事務は国家資格ではないので比較的資格が取りやすいです。現在は、ユーキャンなどの通信講座で資格を取得することができます。

保育士

保育士資格は国家資格です。保育士資格を取得するためには、専門学校や短大に行くのが一般的です。しかし、実は学校に行っていなくても試験に合格さえすれば保育士資格を取得することができます。

今はユーキャンなどの通信講座で、保育士になるための勉強をすることができます。そのため自宅に居ながら、子育てをしながらでも勉強することができるのです。ユーキャンでの保育士資格の合格率は高いようです。

保育士不足は今社会問題にもなっています。そのため転勤族の妻であっても保育士資格があればどこへ転勤となっても働くことができるでしょう。保育士資格を持っていれば働く場所は保育園以外にもたくさんあります。例えば、お店にある託児所などでも働くことができます。

働きながら資格取得を目指せる「ほいく畑」がおすすめ

働きながら保育に関する資格を取得したいと考えている方には、大手保育士専門求人サイト「ほいく畑」がおすすめ。資格なし・未経験OKの求人が多く、地域密着、子育てと両立など、好条件の仕事がそろっています。

こちらもやはり、実務を経験しながら勉強をしたほうが、モチベーションも理解も進むはず。

いい求人があった場合にはメールでお知らせしてくれるので、気になる方はとりあえず登録だけでもしておくとよいでしょう。

ほいく畑に登録する(無料)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

医療や福祉などの専門職ではなく、一般企業で働きたいという場合には、PCスキルが必須になってきます。そこでおすすめなのが、パソコン関連の資格です。

中でも最も汎用性が高いのがマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)という資格。ワードやエクセル、パワーポイントなどの利用スキルを証明するもので、ほとんどの日本企業はマイクロソフト製のPCソフトを利用しているので、全国どこでも通用する資格です。

毎月1回~2回、全国各地で試験が開催されていて、難易度も高くないので取得しやすい資格となっています。

簿記(2級以上)

一般企業での就職を目指すならば簿記も定番の資格です。経理事務はどの企業でも発生する業務なので、需要がなくなることはありません。

会社による細かい違いさえ把握してしまえば、基本的な考え方は作業の流れはどこの企業でも変わらないので、スムーズに仕事を覚えることができるでしょう。

企業で求められるレベルは簿記2級以上であることが多いため、2級以上を目指しましょう。しかし、最初は比較的取りやすい3級から始めても構いません。

自動車免許

資格取得とはまた少し違うかもしれませんが、自動車免許は持っておいた方がいいでしょう。転勤族の妻の中には自動車免許を持っていないという方は多いです。とくに都会に住み車が必要ない地域に住んでいる場合は、自動車免許は必要ないかもしれません。しかし、転勤族はいつ地方に転勤となるか分かりません。

免許を持っていないと職探しも制限されてしまいます。そのため転勤族の妻で自動車免許を持っていない人は、必ず自動車免許を持っていた方がいいです。仕事によっては自動車免許を持っていないと採用されないところもあります。

関連した記事

薬剤師になるには資格が必要?合格率約70%の国家試験に受かる必要がある

医薬品に関する知識や調剤技能を持った薬剤師。薬剤師...

2019年07月29日, 資格取得

英会話の初心者でも、話せるようになる方法は?暗記ではなく、体で覚えていこう

GMOインターネットグループがおこなった調査では、...

2019年07月29日, 資格取得

TOEICの点数を確実に上げる方法。時には諦めも肝心

TOEICは、リスニング(約45分間・100問)・...

2019年07月29日, 資格取得