資格・検定の取得を応援するメディア[JOBSTEP資格]
    英会話とTOEIC、勉強方法の違いは?習得するべき単語・表現も異なってくる

英会話とTOEIC、勉強方法の違いは?習得するべき単語・表現も異なってくる

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 資格取得

英会話ができれば、TOEICもハイスコアが取れるかというと、それはまた別の話。帰国子女で流暢な英語が話せても、TOEICでは700点という人もいます。逆にTOEICが980点でも、英会話は苦手という人も。

TOEICはあくまでも試験になるため、攻略テクニックが存在します。具体的には、英会話とTOEIC、どのように違いがあるのでしょうか?

英会話とTOEICの違いとは?

外国人とのコミュニケーションには英会話が必要になりますが、英文資料の読み込み・メール作成・資料作成などにはTOEICが必要となります。

学生時代、読み書きについて勉強をしてきた日本人にとって、TOEICを勉強するほうが慣れている部分が多く、やりやすいかもしれません。ただし海外出張・英語プレゼンテーションをおこなうさいには、英会話能力も求められるでしょう。

英語力を上げたいのであれば、両方勉強しておくのがベストです。

インプットとアウトプットに、大きな差がある

英会話はリスニングしてスピーキングとインプットとアウトプット両方が必要ですが、TOEICはリスニングとリーディングすなわちインプットのみしか必要ありません。

暗記だけしてしまえば、TOEICではある程度の点数が取れるということになります。しかし英会話では、瞬時に話せる能力が求められます。

英会話には総合力は求められる

英会話は覚えればできるようになるものではありません。何度も反復練習をおこない、体で英語を覚えるしかないのです。

相手の言うことが聞き取れて、かつ自分の考えを表現できるためには、リスニング力・スピーキング力・ボキャブラリー・イディオム・文法・発音・イントネーションなど総合的な英語力が必要になります。

一方TOEICは試験のため、ハイスコアを取るための勉強をすれば、ある程度の点数は取れてしまいます。解答スピードを上げ、選択問題に慣れれば、高得点を狙えるというわけです。

TOEICでは、ビジネス領域を知っておけばOK

TOEICはビジネス英語ができるか測るための試験。

出題される問題のシーンは、会議・広告・注文・スピーチなどビジネス関連がほとんど。その点、英会話は天気・家族・恋愛・時事問題・スポーツ・趣味など日常生活に関わることすべてが話題となります。

そのため英会話とTOEICでは、習得するべき単語・表現が異なってくるのです。

英会話は間違えから学ぶ、TOEICは間違えないように学ぶ

英会話は、文法や発音などを多少間違えても、相手に伝わればOK。間違えに気付いたら次回から直せばそれでよし。間違えは新たに学ぶチャンス。間違えながら学ぶのが英会話と言えるでしょう。

ただしTOEICは試験のため、間違えるとスコアに直接響きます。間違えないよう解答する方法を学ぶのがTOEICなのです。

TOEICは独学でも勉強可能

英会話は1人ではできません。必ず自分以外の相手が1人以上いて、英会話が成立します。相手を気遣い、分かりやすい発音・イントネーションで話し、伝わらなかったら言い直しも必要になってきます。

相互が気持ちよいコミュニケーションを習得するのも英会話スキルの一部です。

それに対し、TOEICは1人で解くもの。相手を気遣う必要はありません。TOEIC対策も独学も可能です。

英会話は答えがない、TOEICは答えが1つ

英会話をするさい、表現は自由です。学校教育における英作文の課題とは異なり、1つのことを言うために何通りもの単語や表現があり、絶対的な正解はありません。

いろいろな言い方を学び、微妙なニュアンスの違いを知り、少しずつ表現を広げていくのが英会話です。

TOEICは選択式の試験です。すべての問題が4択の中に1つ正解があります。その1/4の正解をどう見つけるのか、そのテクニックを習得するのもハイスコア獲得のコツでしょう。

脳回路の変更にも、異なる部分がある

英語を話すには、聞いて理解し、返答する必要があります。よって英会話には、英語の脳回路を使って話す必要があります。日本語の脳回路とは別に、新たに考え方の思考回路を作らなくてはいけません。

TOEICは、英語の脳回路を持っていたほうが、速く解答を得やすいかもしれませんが、そんなにハイスコアを狙わないのであればいつもどおり日本語で考えても大丈夫。

英会話とTOEIC、どう勉強していけばいい?

ここまで読むと、TOEICの難易度が低く聞こえるかもしれませんが、センター英語試験で9割ぐらい獲得してしても、TOEICでは500点は取れるか、取れないかくらいのレベルと言われています。決してTOEICも簡単な試験ではないのです。

それぞれ違った特性があるため、両方にあった勉強方法が必要となってくるでしょう。

TOEIC勉強には、オンライン英会話がおすすめ

学習を習慣化させ、体で英語を覚えるのに、おすすめなのがオンライン英会話サービス。スマートフォンでスキマ時間に学習ができるオンライン英会話は、指導経験豊富な講師が、スコアアップのコツ・テクニックを動画で教えてくれます。

スタディサプリENGLISHは、月額980円(TOEIC? L&R TEST対策コースベーシックプランは月額2,980円)という安さが特徴のオンライン英会話サービス。格安ながら安心感があると人気です。

分かりやすい5分解説動画が200本収録されているため、スキマ時間にTOEFL対策を進めていくことができます。もし学習効果が出なければ、返金してくれるサービスも実施されています。

イングリッシュ・ビレッジのサイトを見てみる

英会話学習には、英会話スクールがおすすめ

英会話を身につけるには、実際にネイティブスピーカーと会話しながら、覚えていくのが1番。今までと同じ方法で勉強を続けても、話せるようにはなりません。実際に会話をするなかで、発音を修正したり、分からないことを質問したりして、英語力をアップさせていくのが、勉強のコツ。

英会話スクールのなかでもおすすめなのは、全国展開している、大手英会話スクールNOVA。

入会金は0円、テキスト代も無料と、大手スクールのなかでも、NOVAは受講料が安いことが魅力です。マンツーマンでも固定制(決まった曜日・時間)であれば月4回レッスンで2万円。他に費用は一切かかりません。

さらにNOVA講師は、教える言語が母国語である外国人です。厳選されたネイティヴ講師から、高品質なレッスンを受けられます。無料体験レッスンも実施されているので、試してみてもいいでしょう。

NOVAのサイトを見てみる

関連した記事

薬剤師になるには資格が必要?合格率約70%の国家試験に受かる必要がある

医薬品に関する知識や調剤技能を持った薬剤師。薬剤師...

2019年07月29日, 資格取得

独学で英会話を学んでいくことは可能?感覚的に英語を身につけていく訓練をしよう

GMOインターネットグループがおこなった調査では、...

2019年07月29日, 資格取得

TOEIC・TOEFLの違いとは?どっちの試験を受験するべき?

英語能力検定はいくつもありますが、有名なものとして...

2019年07月29日, 資格取得