資格・検定の取得を応援するメディア[JOBSTEP資格]
    英話の発音練習をする方法。まずは、耳をネイティブ英語に慣らそう

英話の発音練習をする方法。まずは、耳をネイティブ英語に慣らそう

JOBSTEP 編集部
公開, 更新 , 資格取得

日本人は英語を話そうとするとき、発音に自信が無く、躊躇してしまう人が多いです。日本では中学校から英語の授業がありますが、ネイティブな発音を学び、練習する機会が少ないため、苦手意識を持っている人は多くいます。

英語には、日本語にはない音で発音する単語がいろいろあり、英語特有のアクセントもあります。ここが日本人にとって、英語発音は難しいと感じてしまう点。

英話をマスターするには、正しい英語発音は欠かせないでしょう。日本語英語のままでは、相手に伝わない場合もあります。

英話の発音練習をする方法

英話学習をするときには、発音にも気をつけて勉強を進めていくことをおすすめします。

英話の発音は、簡単に習得できるものではありません。そもそも日本人として使ったことがない音に関しては、体で慣れていかなければ、聞き取ることも、話すことも不可能といえます。

英話の発音練習は、どのようにおこなっていくべきなのでしょうか?

耳をネイティブ英語に慣らす

いきなりネイティブな英語発音を練習するのではなく、まず耳を英語に慣らす訓練をしましょう。

耳を慣らすには、ネイティブ英語を繰り返し聞くのがベター。意味を完全に理解する必要はありません。繰り返し聞くことにより、日本語にない英語発音・イントネーションに耳が反応し、脳内に記憶として残ります。

日本語は狭い島国で、外部との接触が少ない環境で独自に育まれてきた独特の言語であるため、英語の発音を練習しようとするときは、日本語が染みついた脳を、英語の発音に解放する必要があります。

ネット上の英語映像・映画などネイティブ英語のものを選んで、学習をするといいでしょう。

Phonicsを活用してみよう

Phonics(フォニックス)とは、英語圏の子どもたちに、読み書きを教えるために開発された指導法。たとえば単語"pat"は、/p/,/?/,/t/をそれぞれ表されます。

英語圏の子どもたちはこの方法により、スペリングと発音を学び、正しい読み方・話し方をマスターします。英語の発音を練習するときに、これを併用して使うことにより英語の発音の上達につながっていくでしょう。

教材・詳細な発音表現などは、ネット上にもアップされていますし、テキスト販売もされています。

Youtubeにも、いろいろな教材がアップされている

Youtubeの発音練習用の教材もおすすめです。

  • English Pronunciation Training | Improve Your Accent & Speak Clearly
  • How to speak naturally in English: Reduction Mistakes
  • Learn English Pronunciation | Vowel Sounds | 23 Lessons

上記のような、英語発音の練習サイトが多数あります。英語字幕も表示されるため、勉強しやすいでしょう。講師の発音に続けて、大きな声で発音していきます。講師の口元に注目すると、より効果的です。

はじめは全く追従できないかもしれませんが、繰り返し練習を重ねると次第に発音できるようになります。

日本人が発音しにくい英語の発音

英語を日本語のカタカナで発音することは辞めましょう。英語には、日本語にない音で発音する文字があるため、カタカナ表記で発音している限り、正しく発音できません。

たとえば、「Right」、「Light」をカタカナで表記すると「ライト」にしかなりませんが、「ライト」と発音しては、意味がまったく通じまないでしょう。

カタカナで発音できない文字は、「B」、「F」、「G」、「L」、「P」、「R」、「SH」、「TH」」、「V」、「Z」があり、これらの文字を含む単語は、カタカナではなく英語で発音する練習をして、正しく発音しないと英語として通じません。

動詞の過去形

動詞の過去形で使う語尾「ed」は、よく使われますが、発音方法が複数あります。そのため日本人が、躓きやすい英語発音の1つです。

動詞は、意思表示のうえで、重要な単語になるため、正しく発音しなければいけません。

一般動詞の語末の音が「無声音」で終わる場合、「ed」は/t/と発音されます。/t/は「トゥ」という日本語の音に近いでしょう。

一般動詞の語末の音が/d/もしくは/t/である場合、「ed」は/?d/と発音されます。/?d/ はカナ表記で「ィッド」のような音に聞こえます。

英話の発音練習には、プロの手を借りるのも有り

英話の発音練習には、ネイティブスピーカーに教えてもらいながら、実際に話していくのが、1番効率的な方法です。

DMMは、DMM.comが運営するオンライン英会話のため、スクールに通う必要なく、英会話授業を受けることができるサービス。スカイプを利用したオンラインレッスンになるため、なにか特別な機材が必要になることもありません。

中学校や高校での導入事例もあり、1レッスン150円でマンツーマンの英会話レッスンを受講できると話題のオンライン英会話となっています。

講師プロフィールには、「ハンターハンターが好き」「バスケが好き」「ITエンジニアやってた」などの情報も記載されているので、モチベーションを維持したまま、楽しく講師を探すことができます。

DMM英会話のサイトを見てみる

関連した記事

薬剤師になるには資格が必要?合格率約70%の国家試験に受かる必要がある

医薬品に関する知識や調剤技能を持った薬剤師。薬剤師...

2019年07月29日, 資格取得

英会話とTOEIC、勉強方法の違いは?習得するべき単語・表現も異なってくる

英会話ができれば、TOEICもハイスコアが取れるか...

2019年07月29日, 資格取得

TOEFLとは?スコア基準・申込み方法・受験料・当日の流れ・勉強方法などを紹介

TOEFLとは、TOEICと並ぶ英語検定のなかでも...

2019年07月29日, 資格取得