大人になってから英会話教室に通うときのポイント。恥を捨てて、失敗から学んでいこう

大人になってから英会話教室に通うときのポイント。恥を捨てて、失敗から学んでいこう

J
JobStep編集部
公開, 更新 , 英会話教室

分析レポート、契約書を英文で書かなくてはいけなかったり、海外転勤を命じられたりと、日本語だけで生活をするのは厳しくなってきました。

そのため社会人でも、英会話教室に通う人は増えています。もちろん大人になってからでも、英語をマスターするのは不可能ではありません。

しかし学生時代とは違った、英語学習が必要となってきます。

大人になってから英会話教室に通うときのポイント

英会話教室教室に通えば、話せるようになるものではありません。それなりの勉強が必要になってきますが、学生時代のように丸暗記するのはNG。

日本語と同じように、自然と言葉が出てくるのが理想です。そのため、体で英語を覚えていくことが大切といえます。

目標を設定する

「英語が話せるようになりたい」という漠然とした願望だけで、英会話学習を継続させるのは難しいです。

どんな人でも必ず壁にぶつかる時がきます。そんなとき、自分を奮い立たせられるような目標が必要。実現可能な目標であれば、何でもOKです。TOEICを100点上げる、アメリカに旅行に行く、海外の顧客に電話する、など小さなもので構いません。

目標を立てるときは、必ず期限を一緒に設定しておくといいでしょう。

楽しく学ぶ

楽しく学んでいかないと、どうしても勉強は辛くなってしまいます。

退屈な単語帳での暗記は辞め、海外転勤ドラマ・映画・ポッドキャスト・音楽・小説・雑誌など、楽しく勉強できそうなものを探してみましょう。楽しみながら自然な英語表現を知っていくことで、記憶にもより残ります。

間違いを恐れない

英会話はテストではありません。間違っても減点されることはありません。重要なのは、相手に伝わるかどうか。話さないことには伝わりません。

「間違えても構わず伝えたい」という気持ちが、英会話上達の重要条件になります。大人になると、どうしても変なプライドや恥を持ってしまいがち。恥ずかしがらず、まずは話してみましょう。

失敗をしながら、どんどん学んでいきましょう。

ネイティブスピーカーを目指さない

幼児期であれば日本語にないような発音も、音を聞くだけで習得が可能ですが、大人になるとネイティブ並みの発音をマスターするのは困難。日本語なまりの発音やイントネーションは、日本人のアイデンティティーとして割り切りましょう。

ただし、相手に伝わらないほどアクセントが強いのは問題です。相手に聞き取りやすいレベルを見極め、そのレベルまでアクセントを修正する努力が必要になります。

完璧でなくてもだいたいでOK

リスニング・リーディングで、一語一語完全に分かるまで辞書を引いていませんか?

一語一語意味を調べても単語を覚えられず、ストーリーも進まず、途中で挫折してしまうことが多いです。半分ほど内容が分かったらOKとし、楽しみながら続けていくことが大切。

もし忘れてしまっても、その単語と何度か出会ううちに、自然に覚えていきます。

コツコツ続ける

語学習得には、とにかく継続が大事。最初はぐんぐんと英会話力が伸びますが、じきに壁にぶつかることも多々あります。それでも諦めずにコツコツと継続できるかどうか、英会話上達の鍵です。

英会話レッスンを続けるのはもちろん、通勤・通学中にリスニングする・ペーパーバックを読む・数行でもいいので英語日記を書く、など日常の中の隙間時間を利用しましょう。

看板や注意書き、メニューや説明書など英語併記のものを読んでみるのも、新しい表現を習得するいいチャンスになります。

英会話スクールでは積極的に

英会話レッスンを始めてみたけれど、緊張して話せないという人におすすめなのが予習です。反則技のようですが、予習して事前に話す文章をメモしておくことを特に初心者におすすめします。

せっかくのレッスンですから、聞いてばかりの受け身体勢ではもったいないです。積極的にどんどん話して、分からないことは質問しましょう。質問も事前にメモしておけば、すんなり聞けるでしょう。

大人におすすめの、英会話教室

駅前看板や、電車広告でよく見かける英会話教室。最近では、いろいろな英会話スクールがあります。

アクセスの良さ・料金・講師の質・メニュー・スクールに通う目的・通える期間などを考えて、英会話教室を選ぶのがいいでしょう。

NOVA

 

英会話教室最大手のNOVAはネイティブに直接習うことができ、グループレッスンでも最大5人までという制限があるので、ひとりひとりが発言できる機会がきちんと担保されています。

入学金0円をはじめとして、学割、シニア割引、家族割、乗換割などの割引が充実しているので財布にも優しいのが魅力です。

とくに「1万円ぽっきり留学」というコースは、月4回曜日固定制で、最大5人までのグループレッスンにもかかわらず、入学金・月会費・消費税が込みで1万円という破格の安さです。さらに、同一の料金体系でマンツーマンレッスンを受けられる「2万円ぽっきり留学」もあります。

NOVAのサイトを見てみる

b私の英会話

b私の英会話は、英会話初心者の女性に限定したマンツーマン専門の英会話教室で、都内7ケ所に開校されています。

レッスン内容は、受講者ごとにカストマイズ可能。受講者のライフスタイル・目標に合わせたカルテに基づき、カリキュラムを作成してレッスンを実施ながら、常にカリキュラムの見直しをおこなってくれます。

オリジナル開発された教材は、中学・高校で習うレベルの英単語と文法をベースに作成されており、初心者向き。

講師は全員外国人ですが、日本語を流暢に話すことができます。初心者向きですが、日本語に頼ってしまわないことに注意が必要でしょう。コースは、超初心者脱出・初級者・日常会話プランなど多数用意されています。

bわたしの英会話のサイトを見てみる

TORAIZ(トライズ)

トライズは1年間で海外赴任レベルまで英語を身に着けることを目標とした英会話スクールで、1年間を通して1,000時間英語を勉強します。他の英会話教室では週1回40分のところが多く、1年間でも35時間ほどが主流です。

そんな中でトライズが1,000時間もの英語学習を進められるのは、専属のコンサルタントがついてサポートを手厚く行ってくれるという点が大きいでしょう。

週1回のレッスンでは、勉強量次第で実力に大きな差が出てきてしまいますが、トライズでは自宅での学習のプランまで一緒に考えてくれるので、怠ることなく、モチベーションを維持したまま、学習を継続することができます。

トライズのサイトを見てみる

PROGRIT(プログリット)

プログリットはビジネス向けの英会話スクール。短期集中型のカリキュラムが特徴です。また先ほど紹介したトライズに並ぶ、学習量を誇る教室でもあります。

2ヶ月で英語力を身に着けることを目標としており、オンライン学習を取り入れることで1ヶ月約80時間の学習ができる環境を整えています。

専属のコンサルタントがついて、1日ごとの細かい学習スケジュールを立ててくれるので、1人ではどうしても勉強を続けられないという方にもぴったりです。

PROGRIT(プログリット)のサイトを見てみる

ECC

1歳半からシニアまで、キッズ英会話から日常英会話、ビジネスに航空業界就職向けなどコース数が豊富なECC外語学院なら自分の二―ズに合ったレッスンが受けられます。

中でもENVISIONというECC外語学院独自の日常英会話コースは必見。バイリンガル講師によるインプットレッスンと外国人講師によるアウトプットレッスンを交互に繰り返すことで、確実に使える英語が定着します。

カウンセリングと無料体験レッスンが受けられるので、気になった人はホームページもチェックしてみてください。

英会話イーオン

大手英会話スクールであるイーオンは、レベルが11段階と細かく分かれており、初心者でも安心な英会話教室です。少人数クラスも多く設定されているため、語学力に全く自信が無くても、確実に力を付けていくことができるでしょう。

日常英会話・ビジネス英会話のほか、就活準備・留学準備・シニア向け・英語ボランティアなど、バラエティに富んだコースが用意されているのも、大手英会話スクールのイーオンならではとなっています。

関連した記事

英会話能力を短期間で身につけるための方法。常に英語に触れている環境を自ら作ろう

海外出張・英語プレゼンテーション・旅行・留学などの...

2019年07月29日, 英会話教室